お風呂時間を楽しむ人の増加で需要が高まる!入浴剤をOEMするときの見るべき情報まとめ

入浴剤のOEM製造を検討している人もいるのではないでしょうか。
お風呂に入れて手軽に使うことが出来る入浴剤は自宅で使用するために用いられることがあるだけでなく、ギフト用に選ばれることも多い品物です。
一般的にオリジナルブランドの入浴剤を作るとなると高いハードルをクリアしなくてはなりませんが。
しかしOEMを活用することで粉末や液体、固体など形状や成分などにこだわり、小ロットから様々な製品を形にすることができるようになります。

予備知識がなくても入浴剤OEMはできる

入浴剤のOEMについて、専門の知識がないと難しいと諦めている人も少なくありません。
これは大きな間違いで、ポイントを押さえておけば予備知識がなくても行うことができます。
OEMで最初に行う作業が入浴剤の選定です。
一見すると当たり前のように感じられますが、入浴剤にはそれぞれ相性があります。
適当に組み合わせてしまうと、期待できる効果を得ることができません。
疲労回復を重視する人は発砲タブレット、美肌効果を求めるのであれば保湿成分配合など、目的を明確にして選ぶことが大切です。
入浴剤の選定が決まったら、次はロット数を決めます。
初心者は、製造する数が増えるほどコストがかさむと誤った認識で、少ないロットにしがちです。
実際は製造個数が増える、所謂大量生産の方がコストは安く抑えられます。
最後は依頼する企業選びです。
需要の増加に伴って新規参入する企業も増えていますが、実績のない所に頼むと失敗するリスクも高くなります。
コストよりも実績を重視して選ばなくてはいけません。

入浴剤のOEMは自社に在庫を抱えなくていいから安心

入浴剤のOEMは在庫を抱えなくていい理由を解説します。
まずはOMEの仕組みを理解する必要があります。
まずは、製造技術を持つメーカーが技術を持たない、企業の商品を委託し製造することを指します。
これにより、生産ラインを自社で用意する必要がなく、新規ブランドの参入がしやすくなります。
入浴剤なのかという理由は小ロット生産に対応してもらえる場合があるからです。
そのため、必要な分だけ生産をすればいいため、大量の在庫を抱える心配もありません。
少量生産を行うことで、売れ行きを見てから製造数を増加する方法もとれるため、生産計画の軌道修正がしやすいのもメリットでしょう。
加えて、OEMを依頼するときは入浴剤の種類を決めておきましょう。
粉末タイプと固形タイプでは、製造する設備が異なるため、いくら小ロット生産に対応していても対応できなければ意味がありません。
メーカーのほとんどが自社でどんな製品に対応できるか、HPなどで実績をPRしているため、確認すると失敗する確率を減らすことが可能。
また、入浴剤以外にも化粧品なども小ロット生産に対応してくれる会社もあるため、OEN事業に参入の際には参考にしましょう。

入浴剤をOEMはオリジナルの試作からお願いできる

独自のブランドの入浴剤を販売したい会社は、OEMで自社の製品を製造することもできます。
入浴剤の製造をしている会社などでこうしたサービスをしていることがあるので、このようなサービスを利用すれば、簡単に自社オリジナルの製品が作れます。
このような方法で開発を依頼する時には、製造を本格的に開始する前にまず試作品を製作してもらった方が最適です。
試作品をあらかじめ制作することには、さまざまなメリットがあります。
試行錯誤を繰り返しながら、より良い商品が開発できることも、こうした方法で製品を作るメリットです。
オリジナルの入浴剤を作る時には、十分に時間をかけて製品を改良していった方が、クオリティの高い製品を作ることができます。
開発されたものがイメージと異なる場合には、製造を依頼した会社のスタッフに相談をして、よりイメージに近いものを作ってもらうことも可能です。
このような作業を繰り返すことにより、最終的に理想的なオリジナル商品を製造できます。

入浴剤をOEMすることで時間や費用を抑えられる

入浴剤をOEMで製造する方法には、自社で製品を製造する方法にはないメリットがあります。
開発するための時間と費用を節約できることも、この方法で製造するメリットです。
自社でオリジナルの入浴剤を作る場合には、非常に多くの時間が必要になります。
まず、どのようなタイプの商品を作るか、企画を立てるための期間が必要です。
作りたい商品が決まった後には、試作品を作るための期間も必要になります。
納得できるものが作れない場合には、何回も試作品を作り直さなければいけないので、さらに多くの期間が必要になります。
制作するためにかかる期間が長くなると、その分だけ人件費も多くかかってしまいます。
ですがOEMで入浴剤を製造すれば、このような無駄な作業や費用も効率的に削減することが可能です。
入浴剤を専門に製造している会社に仕事を委託することにより、商品の開発の段階から全て任せることができます。
こうした会社は専門的な知識を豊富に持っているので、スムーズに商品を開発できる技術を持っています。

入浴剤のOEMにこだわりの原材料を使うことも可能

入浴剤はOEMで作ることもできます。
このようなサービスを利用すれば、入浴剤を製造するための生産施設を持っていない会社であっても、自社オリジナルの製品を作ることが可能です。
使用する原材料にこだわって製品を作ることもできます。
市販されている商品には使用されていない種類の材料を使って作ることも可能です。
こうした材料を使えば、自社だけのオリジナリティを出すことができます。
どのような材料を使用して作ればよいかわからない時には、仕事を依頼する会社に相談することもできます。
OEMを受注している会社では、仕事を依頼した顧客のために、材料選びの手助けをしていることもあるので、こうした会社ならば最適なアドバイスが受けられます。
製造したい入浴剤の具体的なイメージがある場合には、そうしたイメージを会社に伝えて、最適な材料を教えてもらうこともできます。

入浴剤をOEMする時は完成まで3ヶ月ぐらいかかる

入浴剤をOEMで製造するサービスをしている会社もあります。
こうしたサービスを利用すれば、自社で製造する技術がない会社でも、独自の商品を開発できます。
入浴剤をOEMで開発するためには、一定の時間が必要です。
完成するまでにかかる期間は、3ヶ月程度です。
3ヶ月の時間が必要になるのは、製品を完成させるためにしなければいけないことが、いくつかあるからです。
まず初めにしなければいけないことは、仕事を依頼する会社と打ち合わせをすることです。
打ち合わせでは、製造して欲しい入浴剤のコンセプトを担当者に伝えることが必要です。
顧客の要望を十分に聞き取った後で、製造を担当する会社では製品の企画を作ります。
ある程度具体的に製品の内容が決まった後で、試作品の制作がおこなわれます。
試作品は仕事を依頼した企業のスタッフも確認をおこない、試作品が納得できるものであればこれをベースにして、製品の製造が開始されます。
作る入浴剤の種類によっては、行政手続きをするために時間がかかることもあります。

入浴剤をOEMする時はパッケージにもこだわる

1日の疲れを癒すバスタイム、入浴剤を入れて楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。
粉末タイプからバスボムタイプまで、入浴剤には様々な種類があり、ギフトでも多く選ばれるため、パッケージも可愛らしかったりパンチがきいているものが多いです。
とけると人形などが出てくるタイプもあり、大人から子供まで楽しむ事ができます。
たとえばネット通販や雑貨店などで商品数を増やしたいと考えた時、贈り物に選ばれやすい入浴剤が選択肢にあがることもあります。
入浴剤のOEMをお願いする場合は、自分のサロンや通販サイトの雰囲気にあったデザイン、パッケージにもこだわるのがオススメです。
綺麗な絵や写真などを印刷すれば、デザイン買いも期待できます。
できれば何種類か揃えられると、買う方も選ぶ楽しみがあり楽しいです。
表示方法などは依頼する会社にアドバイスをもらったり、おまかせしたりといった方法で一から自分で勉強する手間が省けるというのも、OEMのおすすめのポイントでもあります。

入浴剤をOEMした場合の苦情対応の所在

入浴剤をOMEした場合に重要なのが苦情対応の所在です。
商品を取り扱い以上何かしらのクレームは起こるため、クレームに関するオペレーションは必ず決めてください。
苦情の対応で重要なのがどこからどこまで担当するかです。
OEMは複数の企業が関わるため対応する領域はきちんと決めましょう。
基本的には苦情の一次対応として販売側が担当するのが基本。
消費者の苦情がどのような内容なのか把握する必要があり苦情の内容によって対応が変わるためです。
例えば、入浴剤を利用したら肌荒れをしてしまったなど商品に関することは製造しているメーカー側にしかわからないことなのでメーカー側の確認が必要になります。
そこで、注意が必要なのが顧客からの問い合わせを製造メーカー側に対応してもらう場合です。
この場合は一次対応は販売店側で行い、メーカーからの回答を販売側で顧客に知らせましょう。
基本的にはOEMは複数の企業の製品製造しているため、契約している企業との間に守秘義務があります。
顧客と直接のやりとりは、外部に情報が漏れる可能性があるため、消費者との直接やりとりは受けてもらえない場合がほとんどでしょう。
また、商品が届かないなど、ECサイトでの注文の仕方がわからないなどのクレームは、販売側が決めていることに関しては販売側が行いましょう。
基本的には商品に関する企画は販売側が行っているため、苦情対応の責任は受注側が持ちましょう。

小ロットの入浴剤でも対応可能なOEM

入浴剤のOEMをしている会社では、依頼者からのさまざまな要望に対応しています。
小ロットの入浴剤に対応している会社もあるので、このような会社に製造を委託すれば、注文する製品の数が少なくても製品を作れます。
具体的にどれくらいの数から製造の委託ができるかは、仕事を依頼する会社によって異なります。
非常に少ない数でも商品を注文できる会社もあるので、このような会社に仕事を委託すれば、大量の入浴剤を作る必要がない会社もオリジナルの製品が作れます。
将来的に多くの製品を製造する予定がある場合にも、こうした方法で製品を開発することは可能です。
初めから大量生産することを前提にして商品を開発すると、予算が多額になることもあるので、製造コストをおさえるために初めは小ロットで作ることもできます。
販売できる商品の数が増えた時には、注文するロットを増やすこともできるので、商品の売り上げに応じて必要な量の入浴剤を製造できます。

自社イメージの販促品として入浴剤をOEMするメリット

入浴剤は販促品として使用することもできます。
自分の会社でこうした商品を製造できない場合でも、OEMで製造することも可能です。
このような方法で製造する場合には、販売促進活動をしたい企業が、自分の会社のイメージに合ったものを作ることができます。
こうした方法で入浴剤を作ることには、企業にとっても大きなメリットがあります。
自社のイメージをより多くの人に知ってもらえることも、販促のための入浴剤を製造することのメリットです。
自社のイメージを全く知られていない会社でもこのような製品を作ることができ、会社に対する良いイメージを一般の消費者に持ってもらうことも可能です。
さまざまなイメージの製品を作ることができ、爽やかなイメージを持っている企業が爽やかなタイプの入浴剤を作ることもできます。
爽やかなイメージが定着していない企業であっても、販促品を多く製作してさまざまな人に配布することにより、良いイメージを広めることができます。

入浴剤のセミオーダーができるOEM

まだまだ世間ではあまり馴染みのない存在であるOEMですが、簡単に説明するとOriginal Equipment Manufacturingの略語で、委託者からセミオーダーを受けてブランド製品を生産することができます。
もっと詳しく説明していくと、完成品または未完成品を相手先のブランド名を使って販売することができるため、ブランド名をもっと有名にしたい願望と商品を売りたい側双方のメリットが生まれるかたちになるのです。
また、OEMを委託することで得られるメリットに関しては、入浴剤などのセミオーダーが簡単にできることでしょう。
どのような商品でも問題はないのですが、小資本でも自社オリジナルのブランド商品を作りやすくなるため、在庫リスクを低減させながら確実に売ることができます。
その仕組みを取り入れることで大量生産ができるようになり、入浴剤など確実に売れるものを厳選して委託することが可能なので、興味のある方はぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

入浴剤をOEMする時に重要なベース成分の違いと特徴

入浴剤をOEMで開発したい時には、ベースとなる成分をしっかりと選ぶことも重要です。
どのような成分をベースにするかによって、完成する製品の特徴も大きく異なります。
入浴剤のベース成分として使われることがあるのは生薬です。
このタイプの特徴は、使用する生薬の種類によって、さまざまな入浴剤を作ることができることです。
生薬の種類は豊富にあるので、組み合わせにこだわって材料を決めることもできます。
他の製品にはあまり使用されていない生薬を使って作ることもできます。
塩がベース成分として使われることもあります。
塩をベースに使用した入浴剤の特徴は、入浴をした時に汗をかきやすくなることです。
お風呂に入った時に、汗を多くかきたい人にも向いています。
汗を多く流すことにより、体の中にたまっている老廃物が出やすくなることも、塩をベースに使用した製品の特徴です。
炭酸ナトリウムがベースとなっている製品もあり、このタイプの製品は他の材料と組み合わせることで、お湯に入れた時に泡を出すことができます。

オリジナルの入浴剤をOEMするときの排他的契約

オリジナルの入浴剤をOEMで製造する時には、仕事を依頼する会社と排他的契約を結んだ方が良い場合もあります。
このような内容の取り決めをしておけば、同じような製品を販売している企業が、この会社のOEMで類似する商品を作ることはできなくなります。
入浴剤の契約のことについて詳しいことを知らない場合には、弁護士に相談することも可能です。
商品製造について豊富な知識を持っている弁護士もいるので、こうした弁護士に相談をすれば、必要なことをわかりやすく教えてもらえます。
多くの経験を持っている弁護士に依頼すれば、法律に詳しくない人でも安心して相談ができます。
このような取り決めをするためには、特別な費用が必要になることもあります。
費用が必要になる場合には、費用を支払っても商品の販売が可能であるかどうかを検討することも必要です。
商品のオリジナリティを重視したい場合には、多額の費用を支払っても特別な取り決めをしておいた方が、後で有利になることもあります。

OEMを委託する時は入浴剤製造の実績で選ぶと安心

オリジナルの入浴剤をOEMで製造したい場合には、仕事を委託する会社を十分に検討することが必要です。
どのような会社に仕事を依頼するかによって、完成した製品の品質も大きく変わることがあります。
初めてこのような仕事を注文する会社ならば、安心して仕事を任せられるような会社を選んだ方がおすすめです。
入浴剤のOEMを安心して委託できる会社を探す時の重要なポイントとなるのは、入浴剤を製造してきた実績です。
会社によってそれぞれ実績には違いがあるので、できるだけ多くの経験を持っている会社を探して製造を依頼した方が、安心して仕事を任せることができます。
このような方法で委託をする会社を探す時には、それぞれの会社が具体的にどのような種類の商品を製造した経験があるのかを調べることも重要です。
特定の種類の入浴剤の製造を委託したい場合には、そのようなタイプの製品をこれまでに多く開発してきた経験がある企業を選んだ方が安心できます。